ITパスポートは意味ないゴミ資格?現役女性SEが回答します!

  • URLをコピーしました!
この記事はこんな人におすすめ
  • ITパスポートの取得を検討している
  • ITパスポートは意味のない無駄な資格なのか気になっている

ITパスポート 意味ない
ITパスポート ゴミ
ITパスポート 無駄

ITパスポート(通称:ⅰパス)に興味を持って検索してみると、知恵袋を始めネットでは散々な言われようです。

ITパスポートは、本当に意味のない無駄なゴミ資格なのでしょうか?

その疑問に対して、現役女性SE(システムエンジニア)の筆者が回答します!

まめこ

ITパスポートの取得がおすすめな人についても紹介していきます!

タップしてとべる目次

ITパスポートは意味がない無駄なゴミ資格?

エンジニア目線で言うと、残念ながら「ITパスポートは資格としてはあまり意味がない」と感じます。

特に、

未経験からエンジニアとして就職する際に、ITパスポート資格の保有を利用しようとしているなら意味がない

と言えるでしょう。

まめこ

ITエンジニア就職(転職)したいなら、もうちょっと頑張って基本情報技術者を取った方が良いです!

ITエンジニアとしてキャリアをスタートするには、まず基本情報技術者試験から受験することをお勧めします。しっかりとした基礎を身に付けることにより、その後の応用力の幅が格段に広がります。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:基本情報技術者試験

ITパスポート試験を運用しているIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)のHPにも、ITエンジニアとしては基本情報技術者試験から受験を進める旨が記載されています。

ITパスポートが資格として意味がない理由

「ITパスポートは資格として意味がない」と感じる理由は以下のとおりです。

ITパスポートが意味ない理由1:業務独占資格ではないから

ITパスポートは業務独占資格ではありません

業務独占資格とは、国家資格の分類の一つ。その資格を有する者でなければ携わることを禁じられている業務を、独占的に行うことができる資格をいう。資格にはそのほかに必置資格、名称独占資格があるが、業務独占資格のなかにはこれらの性質を併せ持つものがある。

ウィキペディア 業務独占資格

そのため、企業への配置義務も無く、就職や転職に当たっての位置づけは低くなります。

企業や学校の応募要項に無い限り、就職や転職目的の取得はオススメできないです。

まめこ

マイナスにはならないけど、プラスにもなりにくいといった印象です。

ITパスポートが意味ない理由2:難易度が低く、希少性が低いから

iパスは、ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

ITを正しく理解し、業務に効果的にITを利活用することのできる“IT力”が身につきます。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:【ITパスポート試験】iパスとは

上記のように、ITパスポートは「すべての社会人・学生」に向けた試験です。

受験者のITに関する予備知識は多くないことが予想されます。

しかし、試験の合格率を確認してみると

ITパスポートの合格率:50%前後

と2人に1人は合格できています。

合格難易度が低く、資格保有の希少性は低いと言えるでしょう。

まめこ

とはいえ、ノー勉では受かりませんので、注意です!

ITパスポートが意味ない理由3:知っていると出来るは別だから

ITに関する知識があっても、実務に応用できるとは限りませんよね。

そういった意味では、ITパスポートを取得して終わりでは意味はありません

ITパスポートを取得した上で、

  • プログラミングに挑戦する
  • マクロなどで業務効率化する
  • 上位資格に挑戦する
  • 試験をキッカケにITニュースをキャッチアップする

といった行動に移すことで価値や意味が出てくる資格だと思います。

まめこ

ITは移り変わりが激しい世界。
取って終わりでは意味がありません。

ITパスポートはこんな人にはおすすめ

ここまで「ITパスポートは資格としてあまり意味がない」という点について述べてきましたが、ITパスポートの取得がおすすめな人も居ます。

ITパスポートを持っていると、優遇される状況にある

  • 資格を取得すると、資格手当(または一時金)が出る
  • 受験・就職・転職の応募の際に、資格保有者は加点される
  • 資格の合格で単位が認定される

といった際に、ITパスポートの取得により優遇される状況にある場合は、取得する価値があるでしょう。

ITパスポートの取得にかかるコスト
  • 受講料:7,500円(消費税込み)
  • 勉強時間:〜100時間 ※全く知識のない状態

コストとリターンを比べて検討してみてください。

個人的には、資格手当(一時金)出るなら絶対取った方がいいと思います。

筆者の会社でも、非エンジニア職だとITパスポートの合格で2万円くらいもらえます。

※エンジニア職だとITパスポートを取得しても、資格手当は出ないことが多いので注意です。

まめこ

知識が無い状態からでも、2週間程度の勉強で受かったとの声も聞きます。
2週間〜1ヶ月の勉強で資格手当が貰えて、ITの知識も増えるのはおいしすぎませんか?

ITパスポートは年中思い立ったときに受験できる資格です。
臨時ボーナスかわりに、受験してみませんか?

ITパスポートおすすめの資格対策本

この本のおすすめポイント
  • ITパスポート試験に「合格すること」に特化した本
  • 試験の心構え+参考書+問題集まで1冊で完結
  • 問題集は、過去に何度も出題されている問題順に掲載されている
  • 2022年4月以降に実施されるシラバス6の試験に完全対応
  • Amazon【】で1位(2022/9現在)
まめこ

で50ページまでためし読みができます。

試験の心構えや「企業活動」についての章は無料で読めるのでチェックしてみてくださいね!
→Kindleで

教養としてITに関する知識を身に着けたい

ITパスポートは資格としては効力が薄く、あまり意味はありません。

しかし、資格を取得する中で身に着く知識には意味はあります

  • ITに関して興味はあるけど何から勉強したら良いか分からない
  • ITに関して苦手意識がある

そんな人には、教養として体系的にITの入門知識を学べるITパスポートの勉強をするのはオススメです。

まめこ

試験問題には時事問題も多く出題されます。

ITパスポートの勉強をすると、ITが身近な存在になるかも?!

まとめ

「ITパスポートは意味がないのか?」といった点について紹介しました。

まとめると、

  • ITパスポートは資格自体にはあまり効力はない
  • 資格を得る過程で得られる知識には意味はある
  • 資格を取ることで試験で優遇されるなら狙い目
  • 資格手当(一時金)が出るなら絶対とった方が良い

といった資格となります。

資格奨励金が出るなら本当に取ったほうがいいです。

長くても1ヶ月強の勉強で、

  • ITに詳しいオーラが出る
  • やる気がある社員だと思われる
  • 数万円もらえる

となるなんて、正直美味しすぎます。

まめこ

就業規約の資格奨励金を今すぐ確認してみてください!

資格奨励金が出るなら、会社で価値がある資格として扱われているということ。

ITパスポートは年中いつでも、思い立ったときに受験できる資格です。
チャレンジしない手はありませんよ!

ITパスポートおすすめの資格対策本

この本のおすすめポイント
  • ITパスポート試験に「合格すること」に特化した本
  • 試験の心構え+参考書+問題集まで1冊で完結
  • 問題集は、過去に何度も出題されている問題順に掲載されている
  • 2022年4月以降に実施されるシラバス6の試験に完全対応
  • Amazon【】で1位(2022/9現在)
まめこ

で50ページまでためし読みができます。

試験の心構えや「企業活動」についての章は無料で読めるのでチェックしてみてくださいね!
→Kindleで

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップしてとべる目次