【ブロガーの悩み】スマホでTwitterを見る時間を減らしたいあなたへ

  • URLをコピーしました!
この記事はこんな人におすすめ
  • ブログとTwitterをやってる人
  • スマホでTwitterを見過ぎてしまうのをやめたい
  • Twitterのせいで、ブログ更新がおろそかになっているような気がする

Twitterをやっているブロガーの人は多いですよね。

Twitterはブログ仲間やブログ運営の情報を集めるのはもってこいです。

でも、こんな状況が起こりがちではないでしょうか。

ブログをやる時間より、スマホでTwitterを見ている時間の方が長くなってしまった

まめこ

ええ、私のことです。
Twitter民みんな面白いし優しくてついつい見ちゃう……。

ブログのためにTwitter始めたのに、Twitterのせいでブログ更新がおろそかになるのでは本末転倒。

良い距離感で使っていきたいですよね。

スマホでTwitterを見る時間を減らすために試してみたことがあるので共有します。

意識高いブロガー

パソコンからしかTwitter見ないよ。

なお、パソコンからしかTwitter見ないという方は、意識高すぎて何の問題もないと思うのでブラウザをそっと閉じてください。

タップしてとべる目次

【ブロガーの悩み】スマホでTwitterを見る時間を減らす方法

ブロガーあるあるの悩み スマホでTwitterを見る時間を減らすにはどうすればいい?

私は次の順番で、スマホでTwitterを見る時間を減らしていきました。

タップして読みたいところに飛べます

①減らした時間でやりたいことをリストアップする
②どれくらいの時間Twitterをやっているのか把握する
③Twitterアプリ使用時間の上限を設定する

①減らした時間でやりたいことをリストアップする

まずは、Twitterを見る時間を減らして何をしたいのかをリストアップしました。

これ、重要です。

やらないとおそらく失敗します。

まめこ

私は、これをやらずに失敗しました。

スマホでTwitterをする時間を減らしても、空いた時間でやりたいことがハッキリ思い浮かんでいないと、Twitterの誘惑に負けてしまうという事態が起こりました。

・ブログのネタ出しをする
・ブログの構成を考える
・Twitterで仲良くしている人のブログを読みに行く
・読書をする
・筋トレをする
・子供と遊ぶ

やりたいことは、ブログ関係無くても良いと思います。

1日の時間は有限なので、スマホでTwitterを見すぎているということはプライベートにもしわ寄せが出ている可能性が高いですよね。

スマホでだらだとTwitterを見ているせいで、

  • 趣味の時間
  • スキルアップの時間
  • 家族と向き合う時間

減っていませんか?

まめこ

Twitterより優先したいことが無いなら、それでOK。
Twitterをガチりたいなら、思う存分やりましょう!

↑目次に戻る

②どれくらいの時間スマホでTwitterをやってるのかを把握する

スマホでTwitterより優先したいことが見つかったら、次に「自分が今どれだけの時間をスマホ×Twitterに費やしているのか」を把握します。

iPhoneの場合
「設定→スクリーンタイム→すべてのアクティビティを確認する」で確認可能。

iPhoneのスクリーンタイム機能
iPhoneのスクリーンタイム機能
まめこ

この日は、なんと2時間43分もスマホでTwitterを見ていました!
でも、多分これまだ少ない日……。

いざ、数字で見てみると思ってたより長かったという人も多いのではないでしょうか。

androidの場合は、
「設定アプリ」→「Digital Wellbeingと保護者による使用制限」で使用時間の確認&設定ができるようです。
参考:【Androidスマホ】特定のアプリの使用時間を制限する方法

↑目次に戻る

③Twitterアプリ使用時間の上限を設定する

スマホTwitterの長さの現実を直視したら、次にTwitterアプリに使用時間の上限を設定しました。

いきなり大幅に時間を短くすると反動が大きく失敗に繋がるので、少しずつ短くしていくのがオススメです。

まめこ

2時間30分→2時間→1時間30分…と徐々に短くしていっています。

iPhoneの場合
「設定→スクリーンタイム→App使用時間の制限」で使用時間の上限を設定可能。

スクリーンタイムでアプリの使用時間を制限する

App使用時間の制限を選択し、制限を追加。

App使用時間の制限で制限を追加

SNSの中にTwitterがあるので選択して次へ。

制限対象のアプリでTwitterを選択

1日あたりのTwitterの使用時間の上限を設定し追加します。

1日あたりのアプリ使用時間の上限を設定

Twitterの利用時間の制限を設定することができました!

夜の0時に使用時間のタイマーがリセットされ、1日の使用時間が指定した上限に達するとアプリを開いても制限中の表示が出てTwitterは見れなくなります。


まめこ

制限時間きちゃったけど、今日はあともうちょっとだけTwitterを見たい……!

そんなときは、時間延長ができる仕様になっています。

アプリの使用時間の上限に達した場合
スクリーンタイムのアプリ利用時間制限は延長ができる

1時間を選びたくなるところですが、15分を選択しましょう。

まめこ

ちなみに、何回でも延長できますが延長はほどほどに……。

制限時間を延長できないようにしたい場合は、スクリーンタイム・パスコードを設定するといいですよ。

iPhoneの場合
「設定→スクリーンタイム→スクリーン・パスコードを設定」で設定可能。

最終手段はスクリーンタイムパスワードを設定

スクリーンタイム・パスコードはアプリの使用制限の変更や時間の延長の際に求められるパスコードで、ロック画面などで使用するパスコードとは別の数字4桁が設定できます。

まめこ

アプリの利用時間制限にだけ使うパスコードってこと!

パートナーなど信頼できる第三者に(自分には分からないように)設定してもらえば、自分では延長できないですよね。

使用時間の延長をできないようにするには、家族などの第三者にスクリーンタイム・パスコードを設定してもらうとGOOD!

↑目次に戻る

スマホでTwitterを見る時間を減らす方法を試してどうだったか

一時期は1日にスマホで3時間~くらいTwitterを見ているツイ廃でしたが、なんとか半分の1時間30分まで短縮できました。

暇さえあればTwitterを覗いていましたが、少しずつ見る時間帯を決めてTwitterを見るように変化しています。

まめこ

時間帯を決めてやらないと、あっという間に上限に達して驚きます……!
Twitter時間溶けすぎ?

決めた時間以外でなんとなくTwitterを見たくなったときは、パソコンからブログ作業をする合間に見ると決めておくとブログをやる習慣づけになっていい感じでした!

パソコンからTwitterを見るときは、ブログ作業の合間にだけ見ると決めておくと、ブログも習慣付けになって◎

↑目次に戻る

さいごに

ブロガーあるあるの「スマホでTwitterを見る時間を減らしたい」という悩みに対して、私が試してみた方法を紹介しました。

タップして読みたいところに飛べます

①減らした時間でやりたいことをリストアップする
②どれくらいの時間スマホでTwitterをやっているのか把握する
③Twitterアプリ使用時間の上限を設定する

Twitterは上手に向き合えば、ブロガーにとってプラスになるアイテムです。

スマホでだらだらTwitterを見てしまう時間を減らしたいというブロガーの方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

以上、参考になりますように。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップしてとべる目次